手汗 ストレス

過剰な手汗はストレスから?症状が悪化する原因と対処法

手汗で悩む方は意外に多く、気になれば気になるほどどんどん悪化してしまう手汗の原因は、精神的な問題が大きく影響している可能性があります。
特に過度のストレス状態が手汗のスイッチとなっていることもあるのです。

 

過度のストレスは体に様々な症状を生じる原因になりますが、なぜストレスを感じると手汗が酷くなるのか…今回は気になる手汗とストレスの関係について詳しくご説明していきます。

 

ストレスがどんな影響を与えているのか、手汗の改善にぜひチェックしてみましょう!

 

過剰な手汗の原因は?気になるストレスとの関係

 

暑い日や緊張した時に手汗が気になることがありますが、中には手が常に湿っている状態であったり、汗がしたたり落ちたりと、過剰に汗が分泌されてしまう場合があります。
これは「手掌多汗症」とも言われ、状態によっては治療が必要になることもあります。

 

なぜ手のひらから汗が過剰に分泌されるのか、それは「エクリン腺」という汗腺が影響しています。「エクリン腺」とは全身に分布している汗腺で、その中でも手のひら・足の裏・額などは特に集中して存在しています。

 

この「エクリン腺」が様々な要因によって刺激され、汗を過剰に分泌するようになる症状のことを「多汗症」、中でも手のひらの汗の分泌が過剰になることを「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と呼ばれています。

 

汗の分泌が過剰になる「エクリン腺」を刺激する要因はいくつかありますが、精神的なストレスも大きな影響を与えています。

 

精神的に強いストレスを感じると、自律神経の乱れが生じることになります。
自律神経とは、内臓の働きや体温調節など、私たちが生きていく上で重要な働きをしており、「交感神経」と「副交感神経」をスイッチさせながら24時間働き続けています。

 

「交感神経」は活発に活動する時、「副交感神経」は睡眠時やリラックスしている時に優位に働く神経ですが、「交感神経」はストレスを感じている時にも優位に働く傾向があるため、ストレスを感じていると常に体が活動状態にスイッチが入ってしまいます。

 

そのため、ストレスを感じている時は常に「交感神経」が優位になっていることで、汗を分泌する「エクリン腺」を過剰に刺激し、汗の分泌を促すようになるのです。

 

自律神経を乱す原因となっているストレスは、仕事や人間関係などで生じる不安・緊張・恐怖等が影響しており、このようなストレスで手汗が気になりだすと焦りや緊張感が高まると更にストレスとなり、また汗の分泌が促されるといった悪循環を繰り返してしまいます。

 

ストレスが大きくなり自律神経が乱れると、手汗以外にも頭痛・腹痛・吐き気・睡眠障害・めまい・動悸・過食など、体には様々な悪影響が生じるようになります。手汗の改善や健康のためにも、日々のストレスは溜めずに解消していくことが大切です。

 

手汗改善!ストレスを上手に解消する方法

 

自律神経を整えるためにも、まずは日々感じているストレスを改善することが重要です。
しかし現代はストレス社会と言われ、ストレスのない生活を送るのは簡単ではありません。ストレスを避けることよりも、自分に合った解消法で上手に付き合う方法を考えましょう。

 

ストレスを解消する方法としては、友達と話す・一人カラオケで歌う・趣味に没頭する・運動する・美味しいものを食べるなど、人それぞれ自分に合ったストレス解消法があるはずです。自分に合ったストレス解消法を見つけてみましょう。

 

またストレスを抱えている時には、体をリラックスさせることが重要です。体がリラックス状態にあると「副交感神経」が優位に働きやすくなるので、自律神経の乱れを整えていく効果が期待できるでしょう。

 

特に入浴時に湯船にゆっくり浸かることで、体全体の代謝が上がり、緊張やストレスを解きほぐす効果があります。40度前後のお湯に10分~15分程度、ゆっくり浸かって体を温めるようにしましょう。

 

日頃シャワーが多いのであれば、週に1・2度は湯船に浸かる習慣をつけるようにしましょう。

 

ストレスフリーで手汗を治そう!

 

ストレスを感じることで手汗がどんどんひどくなり、更に精神的なストレスが大きくなってしまいます。ストレスを上手に解消しながら、手汗のことばかり気にしすぎないことも大切です。

 

気になる手汗は、ストレスとともに解消しましょう!