手汗 彼氏

手汗で彼氏に触れられない!彼氏との距離を縮める手汗対策

手汗が気になって、彼氏と手も繋げない…
ただでさえドキドキする彼氏とのスキンシップ、手汗の悩みがあると更に緊張が高まってしまい、手汗はどんどん悪化してしまいます。

 

彼氏の反応が怖くてなかなか手を繋げない、今回はそんな時にはどうするべきか、本当に効果がある対処法をご紹介していきます。
彼氏とのスキンシップをもっと楽しめるようにぜひ参考にしてみましょう!

 

彼氏と手を繋げない…手汗で悩む女性は意外に多い!

 

彼氏と手をつないだり、スキンシップしたりする時に、手汗が気になった経験がある方も多いのではないでしょうか?しかし多くの男性は彼女の手汗に寛容で、汗ばむ彼女の手を可愛いとさえ感じることもあると、意外に好感触です。

 

ただ彼氏が可愛いと感じるのは、悩むこともない手汗レベルであって、水滴が手に滲んだり、垂れたりするほどの手汗を受け入れてもらうのは難しいでしょう。また受け入れてくれる彼氏であっても、実際に悩みを伝えるのはかなりハードルが高いと言えます。

 

手汗が生じる原因はいくつか挙げられますが、彼氏と一緒にいる時だけ手汗が気になるという場合は、精神的な要因が影響していることが考えられます。

 

汗はエクリン腺という汗腺が、脳から指令を受けることで分泌を促されることになります。
エクリン腺は全身に分布していますが、手のひらには特に多く存在しているため、手汗を感じやすくなるのです。

 

脳が汗の分泌を促す指令を出すタイミングは、自律神経によってコントロールされています。この自律神経のコントロールは、緊張やストレスを感じることによってもきっかけになることがあり、スイッチが入ったように汗を過剰に分泌させてしまいます。

 

彼氏と手をつなぐことを考えるだけで、いつも以上に緊張したり、ドキドキが止まらなかったりすると、自律神経が常に刺激され、体を活発化させる交感神経が優位に働くようになっていきます。精神的な緊張状態が続くと、手汗は深刻なレベルにまで達していきます。

 

またその状態で手汗が過剰になっていくと、彼氏に知られたくないという焦りや嫌われたくないという恐怖心が、さらにストレスや緊張を高めてしまい、汗の分泌を加速させるという悪循環に陥ってしまうのです。

 

彼氏と距離を縮める手汗対策

 

彼氏と一緒にいる時にだけ、手汗が過剰になるのは精神的な要因が大きく影響していると言えるでしょう。手汗が悪化する原因は、彼氏に悩みを打ち明けられないことにより、1人で抱え込み、必要以上に考え込んでしまっていることも関係しているでしょう。

 

彼氏に悩みを打ち明けられず、手をつなぐことやスキンシップを拒否し続けていれば、逆に2人の関係に溝をつくる原因になることも考えられます。手汗の悩みを隠すよりも、早めに打ち明けていた方が2人のためにも良いのではないでしょうか。

 

彼氏に悩みを伝えることができれば、あなたが抱えているストレスは大いに改善されるため、汗の分泌も軽減していくことでしょう。手汗のことばかり考えずに、彼氏と一緒にいる時間を心から楽しむことで、汗を分泌するスイッチが入ることは少なくなるでしょう。

 

どうしても手汗が気になる場合には、汗の分泌を抑制し肌をサラサラに整えるパウダーや制汗剤が多数市販されています。彼氏と手をつなぐ時に応急処置として使用すれば、自信を持って彼氏と手をつなぐことができます。

 

このように手汗が気になる時は、自分に合った対策を用意しておき、いざという時にすぐ対処できるようにしておくと、心の余裕に繋がり、手汗に悩むことが少なくなるはずです。

 

手汗の悩みを一掃して彼氏ともっと触れ合おう!

 

周りの人からしてみれば手汗の悩みは大したことのない問題かもしれませんが、手汗に悩む方にとってはかなり大きな問題で、彼氏との関係についても本気で悩んでしまうものです。

 

彼氏と悩みを共有することで、2人の距離が縮まるきっかけになることもあります。
彼氏のことを信じ、手汗の悩みを打ち明けて、あなたが抱える心の重荷を取り除きましょう!