手汗 ベビーパウダー

手汗にベビーパウダーは効果アリ?本当に効果のある対策は…

手汗に悩んでいる人は、改善のためにいろんな対策を試されているのではないでしょうか。
そんな手汗の改善にベビーパウダーが効果的だと言われているのをご存知ですか?

 

赤ちゃんのお手入れに用いられるベビーパウダーは手汗の改善にどう効果があるのか、今回はベビーパウダーを使った手汗対策について詳しくご紹介していきます。
本当に効果がある手汗対策は何なのか、ぜひ参考にしてお悩み改善に役立てましょう!

 

手汗の改善にベビーパウダーは効果アリ?

 

手汗に悩む人は意外に多く、生活や仕事において困った経験をした…という人も少なくありません。手汗に悩んでいる人は、色々な方法で手汗対策をしているようですが、中にはベビーパウダーを使用している方もいます。

 

そもそもベビーパウダーは手汗の対策として効果があるのか…という点では、メリットとデメリットの両方の側面が考えられます。

 

ベビーパウダーとは、赤ちゃんのスキンケアとして用いられるパウダーケア商品です。
トウモロコシから取れる「コーンスターチ」や滑石という鉱石を微粉砕したあ「タルク」を主成分としているものが主流です。

 

「コーンスターチ」は天然由来の成分なので肌に優しく、吸水性によって余分な皮膚の水分を吸い取る働きがあり、「タルク」は肌への吸着力が高いため、サラサラすべすべな質感で、ファンデーションやおしろいなどにもよく用いられている成分です。

 

ベビーパウダーを手汗の対策として使用する場合、一番のメリットは即効性の高さでしょう。ベビーパウダーを使用したことのある方であればお分かりになると思いますが、つけた瞬間から肌がサラサラな状態を維持することができます。

 

これは「コーンスターチ」が手のひらの余分な汗を吸水し。「タルク」でサラサラな肌に仕上げているのです。手汗がにじむ時には即効でサラサラな状態にすることができます。

 

その他のメリットとしては、ベビーパウダーはドラッグストアやホームセンターなどでも手軽に安価で買えるので、試しやすいということも言えます。病院での治療や手汗専用アイテムは費用も高いため、手汗対策の一歩としてベビーパウダーは取り入れやすいでしょう。

 

手汗対策にベビーパウダーを使うデメリットとしては、手のひらが粉っぽくなってしまうということです。サラサラにはなりますが、衣服やかばんなど触ったものにベビーパウダーがついてしまうこともあるでしょう。

 

またベビーパウダーの成分を見てわかるように、汗の分泌を抑える効果は全く含まれていません。そのためベビーパウダー自体に持続性がないため、サラサラな状態を長時間保つことは難しいでしょう。

 

このように手荒れ対策でベビーパウダーを使うことには、メリットとデメリットの両方があるため、自分に合った対策であれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 

手汗対策にベビーパウダーを効果的に使うには?

 

手汗対策にベビーパウダーを使うのであれば、サラサラ触感を持続することができないので、こまめにパウダーをつけ直す必要はあります。またパウダーをつけ過ぎると汗と混ざりダマになってしまうので、少量つけて余分なパウダーをはたきましょう。

 

ベビーパウダーを使うときには手を清潔にして、ティッシュかハンカチなどで手汗を拭いてからつけるようにしましょう。

 

ベビーパウダーで改善効果が期待できるのは、手のひらに汗がにじむ程度の軽度の手汗症状です。汗が垂れるような手汗の場合は、あまり効果が期待できないでしょう。手汗の症状が重度の場合は、手汗専用の汗の抑制効果があるケアを取り入れることをオススメします。

 

手汗対策にベビーパウダーを試してみよう!

 

ベビーパウダーは簡単な手汗対策としては、かなり効果が期待できるでしょう。
しかし手汗の状態やつけ直しが必要など、対策としては合う・合わないがはっきり分かれるので、自分に合うかどうかしっかり見極めて試してみましょう。

 

ベビーパウダーは即効性のある対策ですが、根本的な手汗の改善ではありません。
ベビーパウダーで抑えられない手汗で悩んでいる方は、治療やケアなどより効果のある方法を取り入れましょう。