手汗 ホルモンバランス

過剰な手汗はホルモンバランスの乱れが原因!?自律神経と手汗の関係

女性はホルモンバランスの乱れによって、さまざまな症状が身体に生じてしまいます。
手汗もその中の一つで、ホルモンバランスの乱れが汗の分泌を過剰にしているのかもしれません。

 

急に手汗が気になりだした…
いくら手汗をケアしてもなかなか改善しない…
そんな時にはホルモンバランスが乱れている可能性があります。

 

そこで今回は、気になる手汗とホルモンバランスの関係について、詳しくご説明していきます。

 

手汗の原因はホルモンバランスの乱れ?

 

女性はホルモンバランスによって、さまざまな影響を受けることになります。
特に女性ホルモンは、些細な原因によってバランスを乱しやすい特徴があります。
睡眠不足・ストレス・食生活・気候などによって影響を受けてしまうのです。

 

そして自律神経にも同じことが当てはまり、女性ホルモンと同様に些細なことでバランスを乱してしまいます。

 

これは自律神経をコントロールしている脳の視床下部という中枢器官が、女性ホルモンの分泌を調整している脳下垂体のコントロールもしているからです。視床下部の働きが混乱するとコントロールしている自律神経とホルモンバランスが一緒に乱れてしまうのです。

 

視床下部の働きはホルモンバランスの乱れによって引き起こされることもあるので、日常の様々な要因によってバランスを崩した視床下部・自律神経・女性ホルモンと、全てが乱れやすくなり、悪循環を繰り返してしまうのです。

 

自律神経は、内臓の働き・血液循環・体温調節など、私たちが生きていくために必要不可欠な働きを24時間続けており、体や精神の状態を保っているのです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経という2種類の神経に分類されています。この2つの神経は相対した働きがあり、交感神経は細胞を活性化させ活発にする働き、副交感神経には体をリラックスさせ休ませる働きがあります。

 

この2つの神経は、体が活動している時には交感神経が、休息している時には副交感神経が優位に働くようになり、お互いにバランスを取り合いながら体の仕組みを調節しているのです。

 

しかしこの自律神経の働きが乱れると、交感神経が優位に働くようになり、細胞は常に活発な状態を保つようになります。この交感神経が優位になった状態は、汗を分泌する汗腺にも刺激を与えるため、汗が過剰に出てしまうことがあります。

 

特に手のひらは汗腺が集中している場所でもあるため、手汗を感じやすくなります。
このように自律神経や女性ホルモンはお互いにバランスを取りながら体の状態を維持しているので、どこかで乱れが生じると一気に不調が生じてしまうのです。

 

手汗を改善!ホルモンバランスを整える方法

 

ホルモンバランスの状態を整えることができれば、自律神経の乱れも自然と解消され、手汗などの体の不調が改善されるようになります。特に生理前などはホルモンバランスが乱れやすいので意識しておくことが大切です。

 

日常の些細なことにも影響を受けてしまう女性ホルモンのバランスを整えるために重要なのは生活習慣の見直しです。睡眠時間が短い、定まっていない・過度なダイエットなど偏った食事・運動不足・疲労の蓄積など悪影響となる要因を改善するように意識してみましょう。

 

体や精神の状態が整えば、ホルモンバランスや自律神経の乱れも改善され、気になる手汗も徐々に軽減されていくはずです。

 

ホルモンバランスを整えて気になる手汗を改善しょう!

 

ホルモンバランスは、私たち女性にとって、さまざまな影響を及ぼします。
ホルモンバランスが乱れることで手汗以外にも、生理不順・肌荒れ・冷えなど体調不良を引き起こしやすくなります。

 

私たちの体は良くも悪くもいろんな影響を受けながら、体調を崩したり、調子が良くなったりしていきます。生活の中で悪影響となる要因を改善し、良い影響を与える要因を増やしていけるように心がけましょう。