手汗 遺伝

手汗の原因は遺伝?体質に与える影響と悩みを改善する対処法

私たちは遺伝によりさまざまな体質を受け継いでいます。
体の特徴や性格など遺伝は多くのことに影響を与えていますが、それは良い事ばかりではなく悩みとなってしまうことまで影響していることがあるのです。

 

意外と悩んでいる方が多い「手汗」の原因も遺伝の影響が考えられます。
今回は手汗が体質として、遺伝とどのように関係しているのか、詳しく見ていきます。
あなたが気にしている手汗はなぜ生じるのか、ぜひチェックしてみましょう。

 

気になる手汗は遺伝が原因?

 

いつも手のひらが湿っている、汗が垂れるなど、過剰な手汗に悩んでいる方は意外と多いようです。なぜ手汗の症状が出てしまうのか考えられる原因はいくつかありますが、その一つの要因として遺伝の影響が挙げられます。

 

しかし実際には、手汗と遺伝の関係は医学的に立証されておらず、手汗が遺伝の影響を受けているかどうか直接的な因果関係が証明されているわけではありません。

 

ただ手汗が生じる原因について詳しく見ていくと、遺伝は無関係とは言い難い事柄がいくつか挙げられるということを、注目しておきたいところです。

 

まず手汗が生じる仕組みは、全身に分布しているエクリン腺という汗腺がいくつかの原因によって刺激を受けることにより、汗の分泌が過剰になり過ぎることで生じる症状です。
特に手のひらはエクリン腺が集中しているため、他の場所よりも汗を感じやすいのです。

 

このエクリン腺に刺激を与えている原因は、不安・緊張・ストレスを感じた時の精神的要因と睡眠不足・不規則な食事・運動不足などの生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、そして病気の影響などが挙げられます。

 

まず原因として最初に上げた精神的要因は、日々のストレスや緊張状態、不安感など体に精神的な負担が大きくのしかかった時に手汗が生じるきっかけになりますが、そのストレスでどの程度影響するかは個人差があります。

 

そしてこのストレスに対する耐性は、遺伝に影響されていることが医学的に実証されているため、ストレスによって症状が現れるのは遺伝と関係していると言えるのではないでしょうか。

 

またホルモンバランスや病歴など体質的なものも遺伝が大きく関係しています。体質でいうと、汗を分泌するアポクリン腺の数や働きも遺伝により受け継がれています。手汗が気になる方はエクリン腺の数が多く、活発であるため、遺伝と無関係とは言えないでしょう。

 

上記のことからも手汗のきっかけとなる要因が遺伝により形成されていると考えられるのが自然で、手汗の原因に遺伝が影響を与えていると言っても過言ではないでしょう。

 

遺伝による手汗は改善できる?

 

汗の量に関係するエクリン腺の数や働きは遺伝の影響を受けているため、ケアをしても変えることはできません。手術をすれば汗腺の働きを抑制することはできますが、費用面での負担が大きくなり、副作用などのリスクも生じることになります。

 

手汗がしずくのように流れるほどの重度な症状であれば、そういった手術や治療を検討するのもオススメですが、手が湿る、汗がにじむ程度であれば自分でできる対策から始めてみましょう。

 

手汗が出るきっかけとして生活習慣の乱れも関係しているため、手汗を改善する第一歩として生活習慣の見直しから始めてみましょう。

 

特に食事は汗の分泌への関わりが大きいと言われています。
なるべく脂質の少ない野菜や魚類を中心とした食事を心がけるようにして、食事の栄養バランスを意識するようにしましょう。

 

その他、睡眠不足や運動不足など不規則になりがちな生活を見直していくことも大切です。
ストレスをなるべく溜めないよう、穏やかに過ごすためにも心に余裕を持って生活してみましょう。

 

遺伝による体質を受け入れてしっかり手汗対策を!

 

今回ご紹介したことから考えると、手汗は遺伝による影響を多かれ少なかれ受けていると言えるでしょう。しかし遺伝的な体質の改善はかなり難しいので、自分の体質を知り、体質に合わせた対策を心がけることが重要です。

 

まずは自分の体質や手汗が生じる原因を見極めて、自分に必要な対策を考えてみましょう!